台所

キッチンや換気扇の掃除は洗剤選びや掃除の仕方が重要

油ヨゴレに特化した方法

婦人

分解・組み立てがめんどうで、ついつい放置してしまう換気扇。いざ掃除をしようと対面してみれば真っ黒ギトギトで、やる気をなくした経験があるでしょう。厄介な換気扇掃除ですが、専用の洗剤を正しく使用すれば、驚くほど簡単に掃除を済ませられます。ただし強力なので扱いには注意しましょう。換気扇の主なヨゴレは油汚れですが、食器用洗剤では歯が立ちません。一生懸命こすっても、スポンジがダメになるだけです。食器用洗剤は中性洗剤の一種で、手肌へ負担をかけないための洗剤です。なので換気扇掃除のように強力な油汚れには対応していないのです。換気扇掃除に使用する洗剤にはアルカリ剤、あるいは溶剤が含まれています。アルカリ剤は換気扇とヨゴレの隙間に入り込み、油をふやかしてヨゴレを落とします。溶剤は名前の通り、油を直接溶かしてヨゴレを落とします。強力な洗剤は作用に時間がかかるので、換気扇を漬け込む必要があります。直接つけてゴシゴシこするスプレータイプの洗剤もありますが、漬け込み型のほうが簡単に掃除を済ませられます。また漬け込みには水ではなくお湯を使用すれば、油がふやけやすいのでより効果が高まります。換気扇用の洗剤は強力なので、肌への負担も相当なもの。かならずゴム手袋を用意し、危険のないように掃除をしましょう。またアルカリ剤と溶剤は、金属と反応する場合があります。もし反応すれば換気扇が劣化してしまいますから、洗剤を選ぶ際には換気扇の素材を確認しておきましょう。