ウーマン

キッチンや換気扇の掃除は洗剤選びや掃除の仕方が重要

環境にも良い重曹

洗剤

換気扇の掃除をする場合、洗剤として選ばれているのが重曹です。重曹は、天然の無機物質で、人間の口に入っても安全なものです。あらゆる場所の掃除に利用でき、安全性が高いこと、また環境にも優しく、安く手に入れられるということが人気の理由です。

重曹やセスキで簡単に

女の人

油汚れには漬け置き洗い

キッチンの油汚れは定期的に掃除しないと、汚れが蓄積し落としづらくなってしまいます。特に換気扇はベタベタで頑固な油汚れが手強く、使用する洗剤選びや掃除方法が重要になってきます。キッチンの油汚れには重曹やセスキ炭酸ソーダがおすすめです。重曹は水に溶かすと弱アルカリ性になるので、酸性の汚れである油汚れには最適です。セスキ炭酸ソーダは重曹よりも水に溶けやすく、アルカリが強いので、セスキスプレーを使ったキッチン掃除が楽にできます。換気扇の掃除は年末の大掃除の際に行う家庭が多いでしょう。しかし、冬場は気温が低く、油が固まって汚れが落としづらいので、洗剤をつけてゴシゴシこするだけでは頑固な油汚れは簡単にきれいになりません。冬場の換気扇の掃除にはお湯と洗剤での漬け置き洗いがおすすめです。まず、換気扇を取り外したらゴミ袋に60度くらいのお湯3リットルとセスキ炭酸ソーダを大さじ1入れます。そこに汚れがひどい部品を1時間ほど漬け置きしておきます。汚れが軽い部分はセスキ水をスプレーし、しばらく置いておくだけで汚れが浮き上がってきます。キッチンペーパーに洗剤を染み込ませ、パックしておくのも効果的です。あとは雑巾やウエスで汚れを拭き取りましょう。重曹を使用する場合は、重曹ペーストを換気扇に塗り付け、その後こすりとるだけできれいに汚れを落とすことができます。重曹ペーストは重曹大さじ3に対して水大さじ1を混ぜるだけで簡単に作ることができます。

パーツごとに清掃

換気扇

換気扇掃除には専用の洗剤が必要になります。全てのパーツを外してから、付け置いたり、泡などで油汚れを除去することでとても簡単に掃除が完了します。自分が使いやすいタイプの洗剤を探すことで、億劫だった掃除も気持ちよくできます。

油ヨゴレに特化した方法

婦人

換気扇は掃除界の難敵です。やみくもに洗剤を使っても歯が立ちません。専用の洗剤を用意して、頑固な油汚れを残さず落としましょう。洗剤によっては換気扇の材質を痛める場合もあります。掃除に利用する際は、きちんと用法を確認しましょう。